MENU

先輩インタビュー

03

出会い、仕事、すべてが大きな成長の糧になる

出会い、仕事、すべてが
大きな成長の糧になる

石原 靖也 Ishihara Yasunari

不動産コンサルタント

2014年入社

石原 靖也

Ishihara Yasunari

Ishihara Yasunari

会長の考え方と人間性に
心動かされた

この会社に入社する前は大手厨房機器メーカーに勤めていましたが、もともと検察官を目指していた私は、司法試験の勉強に励むためにその会社を退職。
残念ながらその夢は叶いませんでしたが、実家が不動産業を営んでいたことから、宅建の資格を取得して、この業界に飛び込むことを決めました。

当時、アルファスのことは名前も知らなかったのですが、知人に誘われて受けた面接で会長の話を聞いて、この会社の魅力に心奪われました。会長は一代で今の規模まで会社を大きくしたこともあり、ビジョンがしっかりしていて、すぐに優秀な人だと分かりました。

以前の会社にも優秀な人はいましたが、失敗しない仕組みづくりや、慎重かつ大胆な姿勢は、今まで出会った人の中でも会長がダントツ。「こんな優秀な人が率いている会社なら、きっと優秀な人が多いに違いない」「この会社で働けば人間的にも成長できるチャンスだ」と思い入社を決意しました。

思いは一つ「お客様に
良い土地を提供したい」

私の事業部は紹介していただいた物件に対して土地を提案することが多く、その中でも大きな紹介元の一つがハウスメーカーです。建物をどこで建てるかは決まっていても、土地を持っていないお客様は多くいらっしゃいます。そのようなお客様とハウスメーカーの間にコンサルティングで入って資金計画を立てたり、土地についてのセミナーを開催するのが私たちの仕事です。

土地の提案内容は、お客様がどのような暮らしをしたいかによっても変わります。例えば予算5500万円で建物価格が3500万円を予定している場合、土地は残りの2000万円の中で探さなければいけません。
注文住宅を希望のお客様は強いこだわりを持っていることが多いので、理想と現実のギャップを埋めるために、希望条件の優先順位を整理してあげます。必要であればお客様と一緒に現地に出向いて、土地を見に行ったりもします。

私たちは「お客様に良い土地を提供したい」という一心でお客様に土地を提案するようにしているので、仲介手数料がもらえない土地も提案するようにしています。例え利益にならなくても、希望に沿った土地に家を立てることができれば、お客様もハウスメーカーも喜んでくれてますし、次回の紹介にも繋がります。あくまで不動産屋として中立の立場でお客さんに接することが、結果としてwin for allになると考えています。

出会い一つ一つが
成長に繋がる

この仕事の面白いところは多種多様な職種の人と出会えることです。この面白さは住宅に関わる仕事ならではだと思います。なぜなら家を購入する機会は職種を問わず訪れるからです。新しいことを知るのが好きな私にとっては、他業種の人から聞くお話はとても勉強になりますし、仕事へのモチベーションにも繋がります。お客様との出会いが自らの成長に繋がるので、働いていてとても楽しいですね。

大変なところは絶対に失敗できないこと。動く金額も大きい責任のある仕事ですし、お金を払ったのに家が建たないなんて話も聞きます。当社でこのようなことが起きていないのは念入りに調査をしているから。そして素早い情報共有を心がけているからです。頻繁に店長会議を開いたり、問題があれば店舗単位・会社単位のLINEを使って社員みんなで解決の緒を探します。

仮にミスが起きても同じことを繰り返さないように原因分析をして掘り下げる。真因が分かったら、それを社員全員で共有して改善案を考える。私の常にPDCAサイクルを回す考え方は、以前勤めていたメーカーでの経験があってこそだと思っています。

個人の能力を
向上させる職場環境

アルファスの良いところはとにかく社員同士の仲が良いところです。話しやすい雰囲気で上司にも気軽に相談することができます。相談しにくい環境だと問題は潜在化してどんどん大きくなってしまいます。コミュニケーションを密に取ることは、良い提案をするためには欠かせません。

また、今ひとつ活躍できていない社員がいても決して見放すことなく、十分に実力を発揮できる方法を模索します。時にはその人が一番輝く環境への配置転換もあります。もちろん強制ではなく、個人の意見も尊重します。

私自身、人員の都合で店舗異動を命じられたときに、断った経験があります。家から遠くなるのもありましたが、一番の理由は当時店長をしていて、現在の社長である田中ともっと一緒に働きたかったからです。その後異動することにはなるのですが、田中に教えてもらったことは今でも仕事に活かされていますし、より大きく成長することができたと思っています。アルファスは人間的にも成長できる環境が整っている良い会社だと思います。

Daily Schedule

1日のスケジュール

  • 09:00

    出社

    会社から支給された社用車で出勤。常に安全運転を心がけています。
    事務作業が溜まっていたらできるだけ朝の内に終わらせます。
  • 09:30

    物件訪問

    地主様の家に出向いて自分の目で物件を確認します。
    解体業者が介入する場合は、現地で打ち合わせを行うこともあります。
  • 12:00

    休憩

  • 13:00

    打ち合わせ資料の準備

    土日にセミナーを行って興味を持ったお客様がいたら次のステップは打ち合わせです。
    その際に使用する資料を平日の間に作成して週末のセミナーに備えます。
  • 17:00

    お客様に物件の提案

    お客様の予算や暮らし方に合った物件を用意します。
    会社の利益だけを求めてはお客様に喜んでもらえません。
    誠意を持って本当に良い物件を提案します。
  • 18:00

    退勤

    遅くとも19時には帰るように心がけています。
    立場が上の人間が早く帰ることで若手の社員も帰りやすくなります。
    帰宅後も空いた時間を使って情報収集をすることで、仕事に役立てています。